マネーを学べる(マナベル)サイト 長期分散積立投資で資産形成

マネベル

まとめ

【まとめ】9/30~10/5の投稿記事

更新日:

忙しくて時間がない方のために、また、過去記事の重要事項を振り返るためにまとめ記事を書きました。1週間分の要点をまとめていますので、過去記事を読んだ方も改めてご確認ください。

月々の収支を管理していますか

お金が貯まる人は、いつ、何に、いくら使っているのか把握しています。把握するためには、家計簿が有効です。家計簿アプリがあれば、誰でも負荷が少なく家計簿をつけることができます。

収支は家計簿で把握する

家計簿のメリット・デメリットですが、

<メリット>

  • いつ、何に、いくら使ったかが把握できる(無駄がわかる)
  • 予算と比較していくことで使い過ぎを防止できる

<デメリット>

  • 手間がかかる
  • 家計簿をつけるだけでは節約できない

家計簿は節約していくための第一歩と理解するといいと思います。第一歩は家計簿をつけることによる現状把握です

お金の動きは予算管理していれば自然と身に着く

家計簿で現状が把握できたら次は予算管理です。

予算を立てて、予算内に収めることができれば、思ったとおりに貯金ができるようになります。

予算管理をすることで、お金の流れはさらにはっきり理解できるようになります。金銭感覚を鋭くするために、家計簿で現状把握し、予算管理で自己コントロールできるようになれば、貯金体質になります。

手取り15万で生活できるのか

最近Twitterで話題になっている「#手取り15万」について、私であればどうするのかということを解説していきます。結論から言えば「いくらでも救いの道はある」です。

  • まずは転職を考える
  • 家計のダウンサイジングをする
  • 副収入で稼ぐ

まずは転職を考える

手取り15万でも生活できるとは思いますが、それでも転職でより良い条件の会社に移れるのであれば、転職した方が良いでしょう。好んで条件の悪い会社にいる意味はありません。転職検討の目安ですが、

  • 給料が上がらない
  • スキルが伸ばせない
  • 労働時間が長い

上記のような会社であれば、転職を本気で考えましょう。

家計のダウンサイジングをする

転職する際にも軍資金は必要です。また、頑張っても手取り15万が精一杯という方もいらっしゃるでしょう。そんな方は家計を見直すしかありません。

東京でシングルを想定して、支出の見直し案を考えました。

項目 区分 金額
額面給与 - 198,000
厚生年金保険料 社会保障 18,000
健康保険 社会保障 10,000
雇用保険 社会保障 1,000
所得税 税金 5,000
住民税 税金 8,000
手取り給与 - 156,000
住居費(郊外・狭い物件) 固定 45,000
水道光熱費 固定+変動 7,000
通信費(格安SIM) 固定+変動 3,000
お小遣い 固定 10,000
飲食費 変動 20,000
医療費 変動 1,000
図書費 変動 1,000
被服費 変動 3,000
交際費 変動 5,000
その他 変動 3,000
消費計   98,000
収入ー支出   58,000

抑えるべきところを抑えると、貯金・投資への道も見えてきます。

副収入で稼ぐ

手取り15万が話題になるということは、それほど珍しい事象でないからだと思います。おそらくですが、本業で月15万は今後も増えていくでしょう。

本業だけで稼ぐのが難しいなら、副業との合わせ技しかありません。

伸びる人は比較がうまい

比較を上手に使って、目標を達成させましょう。比較軸は主に2つです。

  • 伸びる人は、「理想」と「現在の自分」を比べる
  • 伸びる人は、「過去の自分」と「現在の自分」を比べる

理想と比べる

レーダーチャートの考えを紹介します。

要素別に分解し、点数評価すると、違いが明らかになり対策が立てやすくなります。

過去の自分と比べる

家計の月次推移を見てみましょう。自分と比べることで、成長がはっきり見えてきます。

貯金200万からの貯金生活宣言

ベストセラーのブックレビューです。

支出を「消費」「浪費」「投資」に分類し、家計簿をつけていくことで無駄に気付き、貯金体質に生まれ変わることができます。

指輪の価値はブランドで決まる?

指輪をブランド店で買うのが一般的ですが、決して安い買い物ではありませんので、選択肢を知ってもらうことを目的に記事にしました。

<選択肢>

  1. ブランド店で買う
  2. ネットで買う
  3. 卸業者から買う

定番の0.3カラットですが、1で買うと30万、2で買うと20万、3で買うと10万くらいになります。指輪自体は同じです。値段の違いについても説明をしています。比較検討した上で判断ください。

トップ1%の人だけが知っている「最高のマネープラン」

こちらもブックレビューです。

貯まる人は、自分の「マネープラン」を作成し、未来志向で行動しています。

成り行きでお金が貯まることはないため、本気で貯めたいなら明確な意思とプランが必要です。

今回は以上です。

-まとめ

Copyright© マネベル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.