マネーを学べる(マナベル)サイト 長期分散積立投資で資産形成

マネベル

マインド

セルフコントロールが出来れば人生が変わる

更新日:

長期的に成功したければセルフコントロールを身に着けるしかない

今回は資産形成をしていく中で必要となるセルフコントロールについて学んでいきます。有名な話として、マシュマロ実験の話がありますので、こちらを例にセルフコントロールが出来れば資産形成の成功確率が飛躍的に伸びることを理解してください。

この記事の結論

  • セルフコントロールできる人間は高い成果を挙げられる
  • セルフコントロールすることで消費を先送りすれば、成功できる

セルフコントロールできる人間は高い成果を挙げられる

スタンフォード大学で行われた実験で有名なものの一つに「マシュマロ実験」があります。

職員の子どもたちが通う、学内の付属幼稚園の4歳の子ども186人が実験に参加した。被験者である子どもは、気が散るようなものが何もない机と椅子だけの部屋に通され、椅子に座るよう言われる。机の上には皿があり、マシュマロが一個載っている。実験者は「私はちょっと用がある。それはキミにあげるけど、私が戻ってくるまで15分の間食べるのを我慢してたら、マシュマロをもうひとつあげる。私がいない間にそれを食べたら、ふたつ目はなしだよ」と言って部屋を出ていく。

子どもたちの行動は、隠しカメラで記録された。1人だけ部屋に残された子どもたちは、自分のお下げを引っ張ったり、机を蹴ったりして目の前の誘惑に抵抗した。小さな縫いぐるみのようにマシュマロをなでたり、匂いをかぐ者もいた。目をふさいだり、椅子を後ろ向きにしてマシュマロを見ないようにする者もいた。映像を分析した結果、マシュマロを見つめたり、触ったりする子どもは結局食べてしまう率が高いこと、我慢できた子どもは目をそらしたり、後ろを向いたりして、むしろマシュマロから注意を逸らそうとする傾向があることが観察された。すぐ手を出してマシュマロを食べた子供は少なかったが、最後まで我慢し通して2個目のマシュマロを手に入れた子どもは、1/3ほどであった。

ウォルター・ミシェルの娘も実験に参加した一人だったが、娘の成長につれ、ミシェルは実験結果と、児童の成長後の社会的な成功度の間に、当初予期していなかった興味深い相関性があることに気がついた。そして1988年に追跡調査が実施された。その結果は、就学前における自制心の有無は十数年を経た後も持続していること、またマシュマロを食べなかった子どもと食べた子どもをグループにした場合、マシュマロを食べなかったグループが周囲からより優秀と評価されていること、さらに両グループ間では、大学進学適性試験の点数には、トータル・スコアで平均210ポイントの相違が認められるというものであった。ウォルター・ミシェルはこの実験から、幼児期においてはIQより、自制心の強さのほうが将来のSATの点数にはるかに大きく影響すると結論した。2011年にはさらに追跡調査が行われ、この傾向が生涯のずっと後まで継続していることが明らかにされた。

また被験者の大脳を撮影した結果、両グループには、集中力に関係するとされる腹側線状体と前頭前皮質の活発度において、重要な差異が認められた。同実験は、スタンフォード大学で「人間行動に関する、最も成功した実験のうちの1つ」とされた。

実験の内容を要約すると、 

  • 我慢し続けることができた子どもは、大人になっても我慢し続けることができる
  • 我慢し続けることができた子どもは、できなかった子どもと比較して優秀になった
  • 我慢できたポイントは、マシュマロから注意を逸らしたことにある 

セルフコントロールすることで消費を先送りすれば、成功できる

マシュマロ実験で得た知識を資産形成に活かしましょう。

具体的には、消費の先送りです。

例えば、買い物に行ったときに欲しいものがあり、買うかどうかで迷ったとします。かつての皆さんでしたら、あまり悩まずに買ってしまっていたでしょう。

しかし、支出を抑えている皆さんは違います。相当悩むはずです。悩んだ結果、「欲しいけど我慢しよう。」となると思います。

結果としてはそれで良いですが、「我慢した」という気持ちになってしまうと、ストレスとなってしまうのではないでしょうか。

ここでは、「消費を先送りして、将来のもっと大事に時に使おう。その頃には、もっと大きな買い物が出来るはず。」と考えらえるとストレスが少ないと思います。

資産形成しても、いずれ消費する時がきます。なので、単に先に延ばしているだけと思えると、支出を効果的に抑えることができると思います。

また、支出を抑えるためには、むやみに買い物に行かない、というのも大事です。お店には誘惑が多いですからね。必要がなければお店に入らない方がいいでしょう。

支出を抑えて投資に回し、将来マシュマロを2つ、3つ食べられるようにしたいですね。

今回は以上です。

-マインド

Copyright© マネベル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.