マネーを学べる(マナベル)サイト 長期分散積立投資で資産形成

マネベル

マインド 思考編

伸びる人は比較がうまい

更新日:

今回は成長するため、改善するために必要な比較について解説します。私たちは日々比較をたくさんしていると思います。

周囲と比べて人事評価が高いとか、平均年収に比べて自分は20万低いとか、様々な場面で比較をしていると思います。

あまりためにならない比較もあると思いますが、今回はためになる比較方法についてまとめました。

伸びる人は、「理想」と「現在の自分」を比べる

事例を基にした方がわかりやすいと思います。

駆け出しYoutuberのAさんは、人気YoutuberのBさんのようになりたいと思っています。つまり、理想はBさんです。

わかりやすくするためにレーダーチャートを作りました。

大事なところは以下の点です。

  • 要素別に分解する
  • 数値化する

ここではYoutuberに求められる要素として、「企画」、「トーク」、「編集」、「SNS」、「投稿頻度」と分解してみました。これが真の正解かどうかはわかりませんが、ある程度的を得ていると思います。

これらの要素別に分解することで、人気を得るには何が求められるのかを具体化することができます。

また、それらを数値に直すことで、比較が容易になります。

数値に直せないところは感覚的なものでもいいと思います。

大事なのは、分解して数値化した上で比較し、比較の中で自分の課題を見つけ、課題の解決に向けて努力をすることです。この作業を徹底的に行うことで、理想に近づくことが可能になります。

なお、理想は「他人」でもいいですし、「なりたい自分」でもOKです。

伸びる人は、「過去の自分」と「現在の自分」を比べる

これも事例を基に説明します。

お金を貯めたいCさんは、少しでも効果的に家計を減らせないかと考えました。

そこで、Cさんは毎月の家計簿を時系列に並べ、数値の推移を追うことにしました。

全体としては減っており、家計の見直しが順調であることがわかります。ただ、一時的に費用が増えたものもあり(5月の交際費)、増えてしまったところは振り返りを行い、6月はしっかり減らしています。

大事なところは以下の2つです。

  • 要素別(この事例だと費目別)に分解する
  • 時系列で並べる

要素別に分解することで、原因の分析が容易になります。さきほどのグラフだと、金額が大きいのは「飲食費」のため、「飲食費」に力を入れると効果的なこともわかると思います。

また、時系列に並べることで、成長(あるいは衰退)の過程が見えてきます

自分自身の成長のために、比較をうまく活用して欲しいと思います。逆に言うと、成長している人ほど、上手に比較をし、分析をし、それを次の行動につなげています。

今回は以上です。

-マインド, 思考編

Copyright© マネベル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.